大赤見ノヴ
怪奇宴投稿グランプリ
大赤見ノヴ

怪談で、夢とカネを掴みたくないですか?

2024年5月
グランプリ決定

ここをタップ(クリック)して発表を見る


※ タイトルをタップ、もしくはクリックで
作品をご覧いただけます





怪談には、これまで数多くの賞レースが存在しました。これを大別すると、「語り」と「文章」の二つに分かれています。

私たちは、これまで、「KAIKIEN GP」と「KAIKIEN CUSTOM CUP」という「語り」に特化した賞レースを新設し、取り組んでまいりました。

この二つに共通して込めた願いは、「夢を掴んでほしい」というものでした。

様々な事情により、この二つの賞レースは1年以上行われていません。
しかしながら、私たちは、更に怪談・ホラーコンテンツを盛り上げながら、まだ世に出ていない「怪談」と「人材」にスポットライトを向けたいと強く願っていました。

そしてそれこそが、この怪談、延いては、「ホラーエンタテインメント」の成長に繋がると強く信じていました。

そして、その想いが結実し、今回、1つの形で新たな賞レースを新設するに至りました。

その名も、「怪奇宴(カイキエン)投稿グランプリ」です。

怪奇宴投稿グランプリはその名の通り、「投稿怪談」の賞レースです。

「もう同じようなものがあるじゃないか」

そんなご意見も頂戴しそうですが、これまでに無かった新たな形での賞レースと自信を持って言えます。夢とカネを掴める、本当の意味での賞レース。怪談をホラーエンタテインメントに進化させていく、私たちの恩返しと貢献。厚かましいかもしれませんが、真剣にそう想いながら、私たちは「怪奇宴投稿グランプリ」を始動します。

参加者も読者も、怪談の新たな可能性、ステージを感じていただけると確信しております。
皆様のご参加をお待ちしております。

ABOUT

長編

5,000~
10,000文字、
1人1話

ショート

250文字、
応募無制限

186万円

驚愕の賞金総額

1シーズン1年の投稿怪談の祭典

怪奇宴投稿グランプリ 2024年1月スタート

募集内容

投稿怪談:長編(5000文字以上、10000文字以内、1人1話/月)
投稿怪談:ショート(250文字以内、話数無制限)
一般審査員

  • 投稿怪談に関するルールはこちらをご確認ください
  • 一般審査員の応募要項・ルールはこちらをご確認ください

2024年1月から毎月、怪奇宴投稿グランプリ(以下、投稿GP)を開催。
投稿GPの開催概要は下記の通りとなります。

  • 投稿GPは毎月開催される
  • 毎月、長編グランプリには50,000円、ショートグランプリには10,000円の賞金
  • 2024年1月~11月の計11回、上記賞金が発生する
  • 2024年12月にはこれまでのグランプリを主としたグランドチャンピオンシップを開催
  • 重要なお知らせ(2024/1/19)

    応募作品の数が当初の想定を大きく上回ったことから、審査の公平性と品質を維持するため、次の措置を取らせていただくこととなりました。

    長編月1本、短編無制限の投稿規定に変更はございませんが、応募作品の一部を次月の審査へと回すことがございます。この決定は、すべての投稿に対して十分な審査時間を確保し、公正な評価を行うために必要な措置です。

    つきましては、どの作品が次月の審査へ回されるかに関しましては、基本的に個別の通知は行いませんが、当月に投稿された作品だけでなく、過去に投稿された作品も審査対象に含まれる場合があることをご了承くださいませ。

  • グランドチャンピオンシップで優勝すると
    長編1,000,000円、ショート200,000円の賞金を授与
年間の賞金イメージ

投稿怪談ルール

ルールを見る

  • 必ずお読みください

募集内容 募集内容

怪奇宴投稿グランプリ(以下、投稿GP)では、一般審査員を募集しています。

世の中の怪談コンテンツは怪談関係者や各種メディア関係者のみが評価するものではなく、あくまでも「一般の皆様の声」が届くべきだと私たちは強く思っています。

そのため投稿GP運営では、熟考と協議を重ねてまいりました。全ての読者から評価を集める、つまり一般投票を大々的に行う、という方針も考えましたが、多重投票や無効投票、作品を読み込まずに評価するなど、各オペレーションの管理が難しいと考えました。

そこで、「一般の皆様の代表」として「一般審査員を10名」募集することにいたしました。

当グランプリの評価軸は、下記の通りです。

項目:
怖さ 鋭さ 新しさ ユーモアさ 意外さ の5項目
それぞれの項目を20段階で評価

それぞれの評価軸を細かく設けること、また、20段階で採点することで頂いた投稿を真摯に評価する形にします。

10名の審査員の皆様に、一次審査を通過した怪談を熟読していただき、上記、5項目20段階での厳正な審査をしていただく=一般の皆様の声としたく考えております。

この10名の審査員による評価は、よくある「一般得票が一番高い作品に1票」のような形ではありません。

この投稿GPで「一般審査員10名の合計得点が一番高かった話」= グランプリです。
そのため、「最終的な審査」を行う、非常に重要な役割となります。

  • 採点内容は全て公開されます
年間の賞金イメージ

募集内容

任期は原則12カ月間として、毎月のグランプリから年末のグランドチャンピオンシップまでご担当いただきます。つまり、一般審査員の皆様=一般視聴者の代表であり、1年を通して最終審査権を持ちます。

  • 12か月経過後、継続に関しては両者協議とします
年間の賞金イメージ

一般審査員募集要項・規約

審査ポイント

投稿いただいた怪談は下記の5項目20点満点、合計100点で審査されます。二次審査時に、10名の一般審査員の配点を集計し、その合計値が最も高かった作品がグランプリとなります。

1.怖さ
2.鋭さ
3.新しさ
4.ユーモアさ
5.意外さ

この項目は一次審査、二次審査双方に適用され、一次審査を通過した作品の審査内容、ならびに二次審査の審査内容は全て公開されます。ただし、あくまでも「二次審査時の合計値のみ」でグランプリを決定します。また、各審査員の書評も一部掲載する予定です。

怖さは分かるが鋭さとは?新しさとは何を見てどう感じることなのだろう?その答えは個々人の中にあります。どのような感性で何を盛り込むのか、どんな方向性で文章をまとめるのか。そういった試行錯誤という、投稿GPの醍醐味を是非お楽しみください。

一次審査員

ナナフシギ

ナナフシギ

大赤見ノヴ(左)
怪を紡ぎ、談をカネに換えた男。絶対に調べてはいけない名字を持つ家系に生まれ、幼少期から様々な心霊現象を経験する。投稿GPでは主にショート部門の審査を担当する。
吉田猛々(右)
猫とUMAをこよなく愛す、子供部屋おじさん。月刊ムーを20年以上買い続けてるオカルトオタクだが霊感は無い。生粋の怪談フリークで、その知識は多方面におよぶ。投稿GPでは主に長編部門の審査を担当する。
怪談恐不知

怪談恐不知

毛利嵩志
怪談恐不知の一人。怪談をロジカルに分析し、その日、その場、そのシチュエーションで在るべき表現を追い求め、怪談語りの他、洒落怖の再構成なども行っている。投稿GPでは全般の審査を担当する。
桂正和

桂正和

『ウイングマン』『電影少女』『I”s』『ZETMAN』、原案としては『TIGER & BUNNY』を手がけるなど、 若者から年配まで全世代で作を抱える漫画家。
そして、怪談漫画を今後考えている程の怪談ファンであり、怪談に対する深い理解と愛情、そして漫画家としての鋭い洞察力を持つ。投稿GPでは主に長編部門の審査を担当する。

この審査員の審査を通過した投稿が一般審査員の手に委ねられ、グランプリが決定します!

Q&A

怪奇宴投稿グランプリとはなんですか
マンスリーで行われる、投稿怪談のコンテストです。毎月、長編(5,000文字以上10,000文字以内)・ショート(250文字以内)の2分野でグランプリを決定し、それぞれ5万円・1万円の賞金を用意しています。また、年末12月に行われる予定のグランドチャンピオンシップ(仮)では、長編100万円、ショート20万円の賞金を予定しています。
投稿できる話のジャンル、定義はありますか
ジャンルは「怪談」とします。
本グランプリにおける「怪談」の定義は、「何かしらの怪異を含むもの」と定義します。そのためご自身の感性やお考えでお書きいただければ問題ございませんが、当社が選出した審査員が「怪異を含む」と感じない場合は減点となります。
一般審査員とはなんですか
一般審査員とは、ご応募いただいた読者から選出された10名の審査員です。一度選出された場合は、原則、12ヶ月間(1月~12月グランドチャンピオンシップ)まで「最終審査員」としてご協力いただきます。
一般審査員に選ばれたけど辞退したい、投稿怪談を取り下げたい
CONTACTから当社へ直接ご連絡いただき、ご相談ください。投稿怪談の辞退自体は可能ですが、一度ご投稿いただいた内容の修正など一切承れません。予めご了承ください。
応募の締切はいつですか
毎月25日以内としています。ご応募は本HP備え付けのフォームからお送り頂くことになりますので、送受信側双方の環境起因による遅延なども考えられます。加えて、ご応募のタイムスタンプは当社受信時のものとさせていただく関係上、余裕を持ってお送りいただくことをおすすめいたします。
例:1月の投稿GPに応募したい場合
12月25日23時59分当社受信完了の場合→1月GP応募扱い
12月25日24時00分当社受信完了の場合→2月GP応募扱い(12月26日0時と同義のため)

【追記】
応募作品の数が当初の想定を大きく上回ったことから、審査の公平性と品質を維持するため、次の措置を取らせていただくこととなりました。

長編月1本、短編無制限の投稿規定に変更はございませんが、応募作品の一部を次月の審査へと回すことがございます。この決定は、すべての投稿に対して十分な審査時間を確保し、公正な評価を行うために必要な措置です。

つきましては、どの作品が次月の審査へ回されるかに関しましては、基本的に個別の通知は行いませんが、当月に投稿された作品だけでなく、過去に投稿された作品も審査対象に含まれる場合があることをご了承くださいませ。
応募フォームはどこですか
下記からご応募ください。
投稿怪談応募フォームはこちら
一般審査員応募フォームはこちら
応募話数に制限はありますか
長編:1人1話(マンスリーでリセット。毎月1話ご応募いただけます)
ショート:制限なし
  • 長編において、同月内複数話のご応募は確認次第失格とします
  • 万が一グランプリなど受賞している場合でも、賞金没収の上、今後の参加をお断りする場合がございます
文字数がカウントされる基準はなんですか
応募フォームの文字数表示機能をご確認ください。また、文字数条件に合わない場合は送信できません。
審査内容は公表されますか
ご応募いただいた投稿はまず、書類審査および一次審査を行います。そのうえで、二次審査(最終審査)に進むこととなった投稿の審査内容(得点内容)が公表されます。その後、二次審査終了後、グランプリの発表とともに、二次審査に残った作品の審査内容も公表されます。
自分の投稿の審査内容を知りたいのですが
申し訳ございませんが、審査通過作品以外の審査内容を個別に公表することはできません。通過作品は皆様に向けて審査内容が公表されます。
投稿した怪談の著作権はどうなりますか
著作権は投稿者ご本人に帰属します。ただし、投稿GPへご応募いただいた作品は、Youtubeなどの動画・音声・配信コンテンツ、書籍化、映像化、DVD化などを含む一切の二次利用・制作権を当社が独占的に有します。詳しくはルール、規約等をご確認ください。
投稿が正式に受理された連絡などありますか
特にございません。当社フォームからお送りいただいた時点で、ご応募完了となります。当社へご連絡いただきましても、個別にお答えできませんのでご了承ください。
運営から連絡が来ることはありますか
グランプリ受賞や、当該投稿の二次利用時で連絡が必要な場合など、運営からご連絡させて頂く場合がございます。そのため、ご応募時のメールアドレスは、定期的にご確認いただけるものとしてください。

CONTACT

怪奇宴投稿グランプリに関するお問い合わせは
下記アドレスまでお願いいたします。
toukougp@webnesday.net

情報の公開・修正などの タイミングについて

必要に応じて都度行います。当HP、もしくはX(旧_Twitter)でお知らせ致しますので、そちらをご確認ください。個別のご質問等にはお答え致しかねる場合がございますので、予めご了承ください。